長年のダイエットを見つめ直してみた

最初から恐縮ですが
どちらかというと根がマジメな方なので、ものごとが意外と長続きする方です。
しかし、ダイエットというのは生きている時間が長いほど何度となく行わなければなりません。

 

私の場合のダイエット期→失敗の例をご紹介します。
こうはならないぞ!と軽く参考していただければ幸いです。

 

その@ 季節の変わり目♪ 服が入らない!キツイ!

 

毎年、寒い冬が過ぎて うららかな春の日差しの中、暖かい日が続く事があります。
薄手のお気に入りの洋服が着たくなります。
クロゼットの中から探し出した、去年のブラウスやシャツ・薄手のジーンズ。
はいてみるとキツイ!うわ、困った!
このキツイと感じる憎きおニクの部分を引き締めよう!とダイエットが始まります。

 

毎日少しの決まった時間に効果的なエクササイズを行います。
特に腰回りから太ももにかけてプニョプニョになっているので自分でリンパマッサージ。
若い方には分からないかもしれない、ビートたけしのモノマネ「コマネチ」の逆バージョンで太ももの付け根を下方向に両手で優しくさすります。
そして太ももを4等分して前・内側・外側・裏側をさすって付いてしまった「なにか良くない物」を手で流すような感じで毎日続けます。
足の裏を揉みほぐして経絡やリンパマッサージ。
外のウォーキングを1日計30分ほど。

 

その内にテレビやネット、本で得た知識を活かして高度な技になってダイエットの目的が達成されたのに、調べる事の方が楽しくなってしまっていたり。
そうこうしている内に雨が降るとウォーキングを断念。
寒さが戻って風邪を引いてしまう。
咳が止まらなくなり、エクササイズ断念。
栄養価の高い食べ物と摂る。
最後は仕方ないとして、いわゆる「負のスパイラル」に突入します。
風邪が治った頃には もとのプニョ体型に戻っていた…

 

 

そのA 好物をつい食べ過ぎてしまう

 

継続して毎週1回は1時間半スポーツクラブで運動して汗をかいています。
そして汗を流した後に、友人と美味しい物を食べに行く時もあります。
時に、ハマってしまう食べ物って存在しませんか?
例えば、チーズ。
チーズに合うワイン。
某コーヒーチェーン店ス○バの「ベイクドチーズケーキフラ○チーノ」など。
甘すぎず、コクがあり美味しい♪
ガンバった自分へのご褒美に、とついリピしてしまいます。

 

…なんだか気のせいか、体がムチムチしてきました。

 

体重は気にしていませんが、体脂肪率はやや気にする方です。
慢性の病気に直結するからです。
久しぶりにタニ○の体重計に乗ってみると…ワォ!

 

恐るべし、チーズの力!
あなどるなかれ、チーズの力!
こころの栄養にはなっている。確実になっている。

 

だけど
体にも栄養タップリ・ムッチリですよ。

 

美味しい食べ物でもリピばかりせず、栄養バランスを考えて食べようと反省しました。(何回目?)

 

自分と向き合ってココロとカラダの事を考えるとバランスって必要。
ご褒美とガマンのバランスって重要。

 

失敗と反省を繰り返して今日も丁寧に生きようと努力しております。

 

今はエクササイズコーヒーにはまっています。