夜勤帯での食事はほとんど食べない様にしたのとエクササイズコーヒーで減量できた

まずはさかのぼる事、今から約17年前の私がまだ育ち盛りで、思春期の中学生頃から高校生の頃の話です。
その頃の私は高校受験もあり、塾の帰りは友人と某ファーストフードで済ませる事が増えていました。
私の身長に比べ体重が68`と平均より少し太って来ていたのです。

 

中学時代はやはりかなり食べてました。それこそどんぶりでのおかわりも勿論でした。しかし、クラブ活動も厳しかったので元々の運動量はそれなりに多かった為、高校に入りその運動量が、減った為食事量を減らそうと考え昼ご飯は親の作る弁当を、夜ご飯は普通に食べて朝ご飯を普通のご飯からコーンフレーク1杯のみにしました。若さと運動量もあって、代謝が良かったのか、1週間程で8`落ちて成功しました。しかし、どんだけ頑張っても60キロ以下にはなりませんでした。とりあえずは成功か…と思いきやなぜか、視力も低下してしまいました。やはり急激な体重減少は気をつけなければなりません。

 

そして、あれから15年の歳月が流れ今30歳を超えた現在の私は最大90`まで体重が増えてしまい体型も、パートナーにイビキがうるさいと言われかなり気になる位に、なってしまいました。コレをあの時からのリバウンドと言うのかやはり、働き出して夜勤の仕事もしておりあの頃より運動量は落ちても食べる量は正直中学生や高校生にも負けてないと思います。

 

そんなある日職場の、検診でのレントゲンで『心臓やや拡大』と診断され、再検査ではないにしろさすがに生命の危険を感じたため食事量を減らし少し散歩をしたりと3か月かけて10`落とし現在80`

 

後、10`は落として70`にはしたいところですが中々…この15年振り返ってやはり、急激なダイエットや年とってからのダイエットは失敗だったんだなと改めて思います。

 

もっと日頃から食べ過ぎず腹八分目にしていれば視力も落ちず、イビキもかかず、心臓やや拡大の診断も受けず、元よりこんなダイエットなんてしなくて良かったのかもしれません。

 

10キロ落としてからはかなり長い停滞状態がもう少しで1年になるかと以前の、90キロには戻りませんがやはり中々80キロ以下にはならない所をキープ、やはり自分に甘く食べ放題に行ったりすれば不覚にも83キロになったりとそんな時は焦って次の日はセーブしています。
勿論、夜勤帯での食事はほとんど食べない様には心がけ続けています。夜勤帯での食事が一番太る要因だったと思った事は正解でしたね。

 

それと友人に教えてもらって飲み始めたエクササイズコーヒーもサポートしてくれているのかもと思います。最初はコーヒーでダイエット??と思いましたが、それなりに結果が出ているのでバカにはできないと思います。